CT検査

CTとは、Computed Tomography(コンピューター断層撮影)の略です。X線を発する管球とX線検出器がドーナツ状の架台内を回転しながらデータ収集し、人体の輪切り画像をコンピューターによって再構成する装置です。この装置の寝台に寝た状態でCT検査を行います。近年の技術進歩により、広い撮影範囲をより早く、より詳細なCT検査が可能になりました。

検査機器の説明

当院では2018年にシーメンス社の128列CTを導入しました。

新しいCTには次世代のX線検出器が搭載され、少ない線量で高画質な画像が得られます。被ばくを低減するための機能も沢山搭載されており、今までのCT装置より低被ばくで検査が行えるようになりました。

一度に撮影できる枚数も大幅に増えて、体の周りを0.28秒の速度で1回転して128スライスの画像収集が可能になりました。そのため、息止めの時間が大幅に短縮されました。

外部施設からのCT検査依頼も積極的に受け入れています。

更新日:

Copyright© 医療法人慶友会 守谷慶友病院 , 2019 All Rights Reserved.