令和2年度 守谷慶友病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 18 20 77 95 234 349 228 111
2020年度に一般病棟に1回以上入院し、退院した患者は1,136名でした。最も多い年齢層は70~79歳の349名でした。
60歳以上の患者の割合は、81.2%と半数以上を占めており、高齢の方が入院になる傾向が多くみられます。
*10症例未満は「‐」で表示しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x6xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 35 3.46 4.51 0.00% 64.90
060035xx99x5xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 25 3.00 4.42 0.00% 69.38
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 24 4.04 4.86 0.00% 71.00
060030xx99x30x 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 21 2.00 6.05 0.00% 66.00
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 14 13.00 7.74 0.00% 61.71
当院の外科の対象となる疾患は消化管(食道・胃・小腸・大腸・肛門)、肝臓、胆道(胆嚢・胆管)、膵臓に対して診療を行っております。
令和2年度は、結腸癌に対する化学療法目的での入院が1番多く、次いで鼠径ヘルニアの手術目的での入院でした。
また、胆道疾患や虫垂炎における緊急手術や、待機手術では負担の少ない腹腔鏡を用いた低侵襲治療を提供しております。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 17 17.12 17.23 0.00% *82.12
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 15 84.20 20.51 40.00% *84.67
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし - - 13.00 - -
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし - - 3.39 - -
050070xx9900xx 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 7.09 - -
当院の内科は、表にもみられるように幅広い疾患に対して診療を行っております。
心不全の患者に対しては、病態に応じた治療(投薬・注射・リハビリテーション療法)を組み合わせ慎重に行っております。
2番目に多い肺炎では、平均年齢が高い分、入院期間も長期間になる傾向にあります。当院では、言語聴覚士による嚥下機能評価や、口腔ケアの評価・指導を入院初期段階より介入し、再燃防止に努めております。

*10症例未満は「-」で表示しております。
乳腺科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1 なし 46 9.09 10.30 0.00% 55.76
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 36 5.33 6.02 0.00% 55.83
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり - - 4.13 - -
070041xx97x00x 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.97 - -
090010xx99x0xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし - - 9.58 - -
当院は、乳腺専門医の在籍する「日本乳癌学会認定施設」であり、乳がん検診や検診後の精密検査も行っております。
乳腺科が主に扱う疾患は「乳腺悪性腫瘍疾患(乳癌)」であり、その診療の基本は、乳癌の性質や性格(サブタイプ)、病期(ステージ)、患者の状態や要望に合わせた「個別化」にあります。特に、乳腺科では、初期治療(手術、薬物療法)から進行・再発期治療の各段階における方針を、認定看護師・薬剤師・療法士等、多職種からなるチームで検討していることが特徴です。
術式(手術方法)としては「乳癌部分切除術(いわゆる温存療法)」が第1・2位を占め、より整容性の高い手術が求められています。平均在院日数は、乳房部分切除(腋窩郭清を伴う):9.09日 乳房部分切除(腋窩郭清を伴わない):5.33日であり、術者はセンチネルリンパ節生検を実施することにより、侵襲が少なく、より早期退院できる傾向にありました。術後は、ほぼすべての方が自宅へ退院されたのち外来通院で個別化されたより効果的な治療を行っております。

*10症例未満は「-」で表示されております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 22 48.05 25.09 13.64% *85.59
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 - - 23.36 - -
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等 - - 7.04 - -
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 - - 17.59 - -
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし - - 18.81 - -
当院の整形外科は、他医院と協力体制をとり、手術・入院診療を行っております。
最も多い股関節・大腿近位の骨折については、患者の平均年齢が87.93歳と高齢であり、平均在院日数も全国平均と比較すると長くなっております。受傷原因が転倒によるものが多いため、個々に合わせた目標を設定し、手術後のリハビリテーションを入念に行っております。

*10症例未満は「-」で表示しております。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050340xx97xxxx その他の循環器の障害 手術あり 21 27.52 13.72 95.2% 74.43
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり 17 13.76 33.50 0.00% 62.47
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 2.82 8.15 0.00% 69.73
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし - - 11.56 - -
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 5.43 - -
当院は、つくば血管センターを院内に併設しており、血管の閉塞・狭窄、動静脈瘤等さまざまな疾患に対して診療を行っております。
また、透析患者のシャントの閉塞、新規造設に対しての手術も行っております。

*10症例未満は「-」で表示しております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 18 10.72 8.52 0.00% 74.50
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 13 5.23 5.67 0.00% 62.31
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2 なし 12 8.83 7.13 0.00% 76.83
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病 なし - - 7.26 - -
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病 なし - - 4.13 - -
令和2年度は、前立腺肥大症に対しての症例が1番多く、次いで尿路結石症が多くみられました。
また、上記以外にも前立腺が疑われる症例に対して前立腺針生検を行う検査入院、腎・尿路の感染症に対しての診療も行っております。

*10症例未満は「-」で表示しております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - 13 11 - - 1 8
大腸癌 - 24 39 47 - 26 1 8
乳癌 38 22 - - - - 1 8
肺癌 - - - - - - 1 8
肝癌 - - - - - - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、もしくは初回治療を実施した場合を指しており、「再発」とは当院・他施設問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、癌寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。こちらの病期分類は入院の治療前に得られた情報に基づくTNM分類となっています。
上記の表をみると、胃癌・大腸癌はStageⅢやⅣの患者が多くみられますが、こちらは、化学療法目的で入退院を繰り返す症例が多いことが理由にあげられます。
5大癌以外に、当院では各専門診療科において、前立腺癌、膀胱癌、胆嚢癌等の治療も行っています。

*10症例未満は「-」で表示しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 12 25.25 *81.33
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
成人市中肺炎とは、普段の生活の中で発症した肺炎で15歳以上の患者を指します。(※インフルエンザ等のウイルス性肺炎、誤嚥性肺炎は集計対象外)
肺炎の重症度は、日本呼吸器学会による「市中肺炎ガイドライン」の重症度システム(A-DROP)に基づき分類しています。
A:Age(年齢) 男性70歳以上、女性75歳以上
D: Dehydration(脱水) BUN 21㎎/dL以上または脱水あり
R:Respiration(酸素飽和度) SpO2 90%以下(PaO2 60Torr以下)
O:Orientation(意識障害) 意識障害あり
P:Pressure(収縮期血圧) 収縮期血圧90mmHg以下

軽症:上記5ついずれも満たされない。
中等度:上記1つまたは2つを有する。
重症:上記3つを有する。
超重症:上記4つまたは5つを有する。またはショック状態
不明:上記項目のうち1つでも不明であったもの

当院では、中等度の患者が12名と最も多く、その他は10名未満でした。年齢が高齢になるほど重症になっており、在院日数も長期化します。

*10症例未満は「-」で表示しております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 24 43.17 82.63 20.69
その他 - - - -
入院中に医療資源を最も投入した傷病名のICD10コードの上3桁で集計しています。
ICDコードとは、異なる国や地域で集計された死亡や疾病のデータの分析、比較などを行うため、世界保健機関(WHO)が作成した分類です。病名や病態に対してアルファベットと数字からなるコードが割り当てられています。

当院では、該当患者の多くが脳梗塞発症から3日以内の入院となっており、平均年齢が80歳と高齢の為平均在院日数も長い傾向にあります。

*10症例未満は「-」で表示しております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 24 1.08 1.96 0.00% 69.21
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 13 1.62 3.38 0.00% 57.77
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 等 11 1.73 4.09 0.00% *66.09
K672 胆嚢摘出術 - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 37 1.03 3.30 0.00% 55.59
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 34 1.12 6.97 0.00% 54.71
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) - - - - -
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) - - - - -
K6274 リンパ節群郭清術(腋窩) - - - - -
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 15 2.67 40.87 0.00% *87.20
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 24 2.88 6.75 2.30% 77.13
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 19 6.53 10.75 0.00% 68.26
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) 13 1.46 2.46 0.00% 65.00
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) - - - - -
K6082 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの) - - - - -
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 19 3.47 6.53 0.00% *64.16
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除・蒸散術(ホルミウムレーザー等使用) 17 3.06 6.53 0.00% 74.71
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 12 1.67 6.00 0.00% 77.58
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 13 0.60%
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.47%
異なる - -
敗血症は、体のある部分で感染症が起こっている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす病態です。当院では、例年10件前後で推移しております。また、手術・処置等の合併症の症例数の中には、他医療機関より紹介された透析シャントの閉塞・機能不全の治療を行った症例が含まれております。
手術や処置などは合併症を起こさないように細心の注意を払って施行しています。しかし、合併症はどうしても一定の確率で起こり得ます。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者に説明した上で、手術や処置の施行に同意を頂くように努めています。
更新履歴
2021/09/30
初版