ALP、LD(LDH)の測定方法および基準値変更のお知らせ

更新日:

2021年4月1日より、血液(生化学)検査の上記2項目について測定方法が変更となります。

日本国内で採用している現行法の「JSCC法」から、世界的に普及している「IFCC法」に変わります。これにより、病気と無関係な異常値の出現が減り,
臨床的意義が向上します。また病診連携における相互紹介をスムーズに行えるようになります。さらには海外との測定値と互換性を持つことで、検査のグローバル化が進んでいきます。

測定方法の変更に伴い、項目名称と基準値も変更となります。

ALP
【現行法 :JSCC法】 ALP 100~325 U/L (成人男女)
【新測定法:IFCC法】 ALP(IFCC) 38~113 U/L (成人男女)

※基準値が現行法「JSCC法」の約1/3になります。
LD
【現行法 :JSCC法】 LD(LDH) 120~240 U/L
【新測定法:IFCC法】 LD(IFCC) 124~222 U/L
ご不明な点がありましたら、医師または検査科スタッフへお問い合わせ下さい。

-病院からのお知らせ

Copyright© 医療法人慶友会 守谷慶友病院 , 2021 All Rights Reserved.