言語聴覚士の紹介

言語聴覚士はどのような仕事をしているのですか。

言語聴覚士は、「話す」「聞く」などのコミュニケーションや、「食べる」など飲み込みにお困りの人に対して支援を行う職業です。近年では、めまい領域まで職域を広げています。以上のことにお困りの方は、年齢問わずご相談ください。

 

対象とする症状

きこえにくい、声がかすれる、声が出しにくい、発音が悪い(発話がはっきりしない、サ行がうまく言えないなど)、吃音(どもる)、のみこみにくい、むせる

聞こえの低下

  • 難聴の方の補聴器の装用や調整
  • 人工内耳、人工中耳などの調整

飲み込み(嚥下)の障害

  • よくむせる
  • うまく飲み込めない

ことばの障害

  • うまく話せない
  • 話が理解できない
  • 文字が読めない

声の障害

  • 声帯ポリープや声帯麻痺などで声がかすれる
  • のどの手術後に声が出にくい

聞こえ、声、ことば、嚥下リハビリを行います

更新日:

Copyright© つくば難聴めまいセンター , 2020 All Rights Reserved.