「ふらふら日記」 一覧

ハリー・ボッシュagain 日曜日の朝の珈琲とジャズ

2022/11/28   -ふらふら日記

今朝は久しぶりの青空で、玄関の新聞受けから新聞を取り出す際に初冬の気配を感じ、隣家の柿の木にたわわに実っていた柿はほとんど落ちていました。枯れ枝が目立つ庭の樹木や垣根に最後のふんばりのように残っている ...

「スイングがなければ意味がない」

2022/11/19   -ふらふら日記

ルイ・アームストロングは1939年にトランペットを持ちながら言った・・・「スイングというのは何でしょうか?」 その秘密は、ジャズソリストの演奏のタイミングにあるのです。 この情報はニューヨークの小児科 ...

「盲、聾、唖のヘレン・ケラー女史は、一つだけ復活の恵みを与えられたら何を希望したのでしょうか?」

2022/11/19   -ふらふら日記

ほんとに久しぶりのDrふらふら日記です。つくば難聴めまいセンター・耳鼻科診療棟の新築移転などが重なり、またコロナ、コロナとコロナに明け暮れた(現在も)毎日で、気持ちの余裕がなかったのか(そうは思いたく ...

「人流」に違和感

2021/05/06   -ふらふら日記

大阪や東京でのコロナ感染者の急増に伴った緊急事態宣言の発令にもかかわらず、人の流れがあまり変化ないとメディアが連日伝えている。コロナ自粛も2年目に入ると疲れが蓄積してきているため、今までのように感染対 ...

コロナ禍のさわやかな涼風その2 ~息子と同じ年令のスピーカーで、60年前のジョアン・ジルベルトを楽しむ~

2021/05/03   -ふらふら日記

5月の連休は毎年小旅行を楽しんだものだが、コロナ禍の連休はどこにも行けずやはりストレスがたまる。Stay Homeで楽しめるのは読書と音楽だ。これにうまい珈琲があれば文句は言えない。 珈琲家 エチオピ ...

コロナ禍のさわやかな涼風その1 ~小説「ザリガニの鳴くところ」~

2021/05/02   -ふらふら日記

2021年正月以降ブログの更新が滞っている。新型コロナ情報の渉猟を続けていたが、コロナの話題にやや疲れてしまったこともある。さらに2月、3月、4月とネットワーク講演、いわゆるWebinar (Web ...

コロナ禍のインフォデミックに打ち勝とう!

2021/05/01   -ふらふら日記

コロナ狂想曲も2年目に突入した。 病院職員は院内では食事以外はマスクの装用が義務づけられており、食事中の会話も禁止されているので、職員同士の会話も極めて少ない状態が1年以上続いている。入院患者の面会も ...

コロナ変異株とは? ワクチンは効かないのか?

2021/01/04   -ふらふら日記

100年ぶりのパンデミックに襲われ、昨年は新型コロナに翻弄され続けた1年でした。昨年の正月はこのような世界になるとは誰も予想しなかったと思います。 まさに人類の英智が問われる1年でしたが、素晴らしいこ ...

コロナ禍の水面下でうごめく千人計画

2020/10/12   -ふらふら日記

中国の「千人計画」をご存じでしょうか。 米国の対中規制がここ数年エスカレートしており、中国からの輸入が大幅に制限され、さらに最近はIT技術、科学、ワクチンを含めた医学情報の持ち出しを極めて厳格に取り締 ...

新型コロナウイルスワクチン、治療薬最新情報2 ~秋分の日特集~

2020/09/21   -ふらふら日記

現時点での新型コロナウイルス治療薬、ワクチンの状況をまとめてみましょう。 治療薬 COVID-19に対する抗ウイルス薬の候補として、レムデシビル(ベクルリー®)、デキサメタゾン(デカドロン®)、ファビ ...

Copyright© つくば難聴めまいセンター , 2022 All Rights Reserved.