取り扱う病気と症状

更新日:

取り扱う病気と症状

  • 動脈閉塞:(急性・慢性) 足が白くなって、ついに歩けなくなります。頚部や腹部では違う症状が出ます。
    閉塞性動脈硬化症とバージャー病が代表的な病気です。
  • 動脈瘤:(腹部、四肢、頚部など) 動脈のこぶは、最後には破裂し命を奪います。腹部大動脈瘤が代表的です。
  • 静脈瘤:(下肢、その他) 最も多い血管病です。足が重い、だるい、かゆい、つる。それぞれに正確な診断と治療が必要です。いろいろな治療法を選べますが、長期成績のよいレーザー治療も可能です。
  • 静脈血栓:エコノミークラス症候群、足の潰瘍、色素沈着につながります。
  • 血管腫:生まれつきのもの、出血するもの、痛いものなどいろいろです。
  • リンパ浮腫:リンパ管が詰まり、手や足にむくみを生じます。
  • 透析用内シャント不全:新しいシャント作りを含め、 幅広く対応します。

技術と設備

  • 腹部大動脈治療(開腹手術・ステントグラフト手術)
  • 下肢動脈バイパス術
  • 下肢静脈瘤治療(手術・レーザー治療・硬化療法)
  • 透析用内シャント作成
  • 経皮血管形成術
  • 血管ドック
  • 血管疾患治療相談(セカンドオピニオン)
  • CTアンギオ装置
  • MRIアンギオ装置
  • PO2'(酸素分圧)検査装置
  • SPP(皮膚組織灌流式)検査装置
  • トレッドミル検査装置

バスキュラーラボ(無侵襲血管機能検査室)併設
CVT(血管診療技師)が対応いたします。

-Top, サイドメニュー
-

Copyright© つくば血管センター , 2018 All Rights Reserved.