HOME > 部門紹介 > 放射線科

放射線科のご案内

放射線科より

X線を使っての検査ですので、検査に使用するX線量はできる限り抑えての撮影を心がけています。
検査に対する質問がございましたら、各スタッフにお尋ねください。

ページトップへ戻る

症例

一般撮影装置

乳腺撮影装置
東芝 KXO-50R

胸部、腹部撮影、骨の撮影をします。













乳腺撮影装置

乳腺撮影装置
シーメンス
MAMMOMAT3000Nova

乳腺撮影のための特殊な装置です。乳房を圧迫しながら撮影をします。












DR(degital radiography)

DR

胃・大腸の検査、血管の撮影など造影剤を使った検査をします。検査中、リアルタイムに透視画で観察することが出来、病変を見つけ撮影します。

一般撮影装置










骨密度測定装置

骨密度測定装置
オステオメイター DTX-200

手首の骨にX線をあてて、X線の透過度を測定します。撮影とは異なる検査ですので、胸部撮影の1/10のX線量で検査を行なえます。この検査は骨粗しょう症の診断に使用します。







CT

CT
シーメンス マルチスライスCT(16列)

身体の横断面を撮影します。1回の息止め(身体の大きさにもよりますが約10秒程度)で身体をらせん状に撮影することで、病変を確実に見つけることができます。造影剤を使っての検査も行なっています。

CT










また同時に当院独自にて開発したCTガイドデバイスを併用することによって確実な生検を行うことができます。

MRI

MRI
シーメンス
MAGNETOM Symphony Syogo(1.5T)

MRI検査は、X線被爆もなくX線CTにて撮影される横断面以外の方向(矢状面、冠状面)の撮影も可能になり、診断の質を高めています。

MRI










ページトップへ戻る

症例

PTA(経皮的血管形成術)

採血して頂いた血液にて赤血球や白血球の数を調べます。炎症や貧血の程度がわかります。
血栓などでできた動脈の狭窄部に、先端にバルーンのついたカテーテルを挿入し、狭窄部でバルーンを膨らませて血管壁を広げます。

イメージ イメージ
PTA前 PTA後(ステント留置併用)
イメージ イメージ
大腸癌:大腸はスムーズな曲線を描いているのですが、病変部は凹凸不整として撮影されます。

脳梗塞

イメージ イメージ
T1画像 T2FLAIR画像

小脳梗塞

イメージ イメージ
T1画像 T2画像

腰椎ヘルニア

イメージ イメージ
T1画像 T2画像(矢状面) T2画像(横断面)
ページトップへ戻る

読影システム

読影システム
ドクターネット 読影システム

主治医と専任の放射線科医による二重読影を行ない、より確かな診断結果を提供しています。







ページトップへ戻る
Copyright(C)2006 Moriya Keiyu Hospital All Rights Reserved.