HOME > 部門紹介 > リハビリテーション科

リハビリテーション科のご案内

リハビリテーションとは

「リハビリテーション」(Rehabilitation)はre(再び、戻す)とhabilis(適した、ふさわしい)から成り立っています。病気や怪我などさまざまな原因によって生じた心身の障害に対し、可能な限り元の状態に戻す訓練を行います。障害を持った人が日常生活や社会生活の中で「できるようになりたい」という希望に対して、残された能力を最大限に引き出し、環境を調整し生活の質の向上を目指します。




ページトップへ戻る

当院で実施しているリハビリテーション

当院リハビリテーションでは、脳梗塞の発症直後や手術直後などから実施される急性期リハビリテーション、急性期を脱し元の生活へ戻るためのリハビリテーション、がん、神経難病や重度の肢体不自由、脊髄損傷、意識障害等のある患者様へのリハビリテーションを実施しています。また、介護保険関連施設(デイケア、デイサービス、介護老人保健施設など)との連携を図り、患者様・ご家族が安心して支生活を送れるよう援しています。

関連事業所の通所リハビリテーション「ダ・ジャーレもりや」、介護老人保健施設「ダ・ジャーレもりや」にも理学療法士、作業療法士を配置し、より充実したリハビリテーションの提供を目指しています。
また、現在訪問リハビリテーションの開設準備を行っています。

対象疾患

  • 運動器リハビリテーション
    腱板損傷、肩関節周囲炎、骨折(保存・術後)、腰痛、頸部痛、退行変性疾患、腰椎椎間板ヘルニア、靭帯損傷、変形性関節症、四肢の切断
  • 呼吸器リハビリテーション
    COPD、肺炎、全身麻酔後外科手術後の肺機能低下等
  • がんのリハビリテーション
    乳がん、胃がん、肺がんなど
  • 廃用症候群リハビリテーション
    肺炎後、開腹術後など

施設基準

  • 脳血管リハビリテーションU
  • 運動器リハビリテーションT
  • 呼吸器リハビリテーションT
  • がんのリハビリテーション
  • 廃用症候群リハビリテーションU

スタッフ数

  • 理学療法士 11名 (パート1名)
    ※保有資格
    • 日本糖尿病療養指導士
    • 呼吸療法認定士
    • 整形徒手療法国際認定(OMT-Diploma)
    • シュロス法国際認定セラピスト(国際シュロス3-D側弯療法)
    • Diacutaneus Fibrolysis(組織間リリース)国際認定
    • エロンゲーショントレーニング指導者
    • がんリハビリテーション研修修了者5名
    • 心臓リハビリテーション指導士
    • 茨城県介護予防リハビリ専門職指導者
      地域包括ケア推進リーダー
      介護予防推進リーダー
  • 作業療法士 6名(パート1名)
    ※保有資格
    • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
    • 日本離床研究会認定離床インストラクター
    • 福祉住環境コーディネーター2級
    • がんリハビリテーション研修修了者2名

治療実績

算定区分割合
ページトップへ戻る

地域包括ケア病床とは


団塊の世代が75歳以上となる2025年以降は、国民の医療や介護の需要がさらに増加することが見込まれています。高齢者が可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを続けられるよう、地域で支援していく体制を地域包括ケアシステムと言います。この地域包括ケアシステムの一環として平成26年から創設されたのが地域包括ケア病床です。
急性期の治療が一段落し病状が安定した後、すぐに在宅や施設へ移行するのに不安がある患者様に対し、引き続き在宅復帰に向けた医療管理、診療、看護、リハビリ等を行いながら支援する病床です。また、退院後安心した生活が送れるよう、介護保険を利用したサービスの調整等も行ないます。
当院では専従の理学療法士をはじめとした多職種での連携を整えております。











地域包括ケア病床のしくみ
ページトップへ戻る

理学療法(PT:Physical Therapy)とは

理学療法士 宇津野 勝
理学療法士
宇津野 勝

病気や怪我・手術等のために運動機能が低下された方々の運動機能改善・維持のために体操や運動を行っていくことを理学療法といいます。理学療法の直接的な目的は運動機能の改善にありますが、機能改善を図ることで日常生活活動(ADL)を改善し、最終的にはQOL(生活の質)の向上を目指します。
寝返り等の動作が不自由になると、そこから繋がるトイレ動作や入浴動作等も行えなくなります。自分で行えることが減っていってしまうことはとても辛いことだと思います。
病気や障害を抱えても住み慣れた街で、自分らしく暮らしたいというご本人やご家族の気持ちを大切にしています。

具体例

  • 関節可動域練習
    骨折等で動きにくくなった関節の柔軟性を改善し、動きやすい身体を作ります。
  • 筋力増強練習
    さまざまな病気で落ちてしまった寝返り等も行いにくくなりますので、その人ごとの特性に合わせた動作方法の習得を目指した練習も行います。
  • 基本動作練習
    病気をされると今まで簡単にできていた寝返り等も行いにくくなりますので、その人ごとの特性に合わせた動作方法の習得を目指した練習を行います。










ページトップへ戻る

作業療法(OT:Occupational Therapy)とは

作業療法士 中村 昌孝
作業療法士
中村 昌孝

病気や怪我などにより入院された直後は、当たり前に出来ていた身の回りの動作が行いにくくなることや、社会との繋がりが希薄になります。
私達作業療法士は、食事、トイレなど日常的に行う身の回りの動作を始め、家事、仕事、趣味などの諸活動も含めた日常生活動作に対して支援します。
個人や家族の考えを尊重し、その人らしい生活を一緒に作り、社会復帰を目指します。

具体例

  • 日常生活動作練習
    食事、トイレ、着替え、整容、入浴など身の回りの動作が行えるように動作練習や道具などの環境を整えます。
  • 日常生活関連動作
    家事、仕事、趣味など個人の役割を再び獲得できるよう練習を行います。











ページトップへ戻る

リハビリテーション科の活動

各種、委員会をはじめ他職種と定期的にカンファレンス(他職種間での会議)、勉強会等を実施し、共通した方針や方向性の設定を行うことで計画的かつ効率的な治療をこころがけています。

院内活動

  • 委員会活動
    • NST委員会
    • 感染対策委員会
    • 褥瘡対策委員会
    • 医療安全推進委員会
    • 糖尿病サポート委員会
    • 労働安全衛生委員会
    • フットケア、透析予防チーム
  • 院内勉強会の実施
    • トランスファー勉強会
    • 姿勢と障害(腰)
    • 姿勢と障害(頸)
  • カンファレンス
    • 整形外科カンファレンス
    • 脳神経外科カンファレンス
    • 内科カンファレンス
    • 外科カンファレンス
    • 障害者病棟カンファレンス
    • がんカンファレンス
    • HCUカンファレンス
    • RST(呼吸ケアサポートチーム)











活院外動

  • 市民公開講座(脳卒中のリハビリテーション)
  • 市民公開講座(隠れた手のしびれ)
  • 学会、症例発表等への参加
  • 慶友祭(当院での年一度の催し)へのボランティア参加













研修会

月に1回程度、近県の理学療法士、作業療法士が集まって研修会を行っています。

ページトップへ戻る

臨床研修制度

現役の理学療法士、作業療法士の方々に向けての臨床研修の受付を行っています。

  • 急性期のリハビリを経験してみたい
  • 他の病院でのリハビリを経験してみたい
  • 介護施設に勤めていて、病院でのリハビリを体験してみたい

半日、もしくは1日の単位で受け入れています。
ご希望の方はお気軽にお電話ください。

守谷慶友病院 リハビリテーション科/宇津野
TEL:070-1534-7502
受付時間 9:00から17:00(水日祝除く)

ページトップへ戻る
Copyright(C)2006 Moriya Keiyu Hospital All Rights Reserved.