HOME > 部門紹介 > 検査科 > PWV

PWV(脈波伝播速度)とは

PWV検査とは

有用性

PWV(脈波伝播速度)は、脳・心臓血管系疾患に深く関係する「動脈の老化度=動脈硬化の進行度」をダイレクトに評価する指標として有用です。非侵襲的に測定できるため、患者さんに負担をかけることはほとんどなく、検査を行うことができます。

検査対象

疾患:糖尿病、高脂血症、虚血性心疾患、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症の方
ライフスタイル:喫煙、運動不足、肥満、不規則な食生活など

検査時間

センサー類の装着を含めて、およそ5分で終了します。
実際の測定にかかる時間は、およそ2分です。

ページトップへ戻る

やわらかい血管

pwv

「ヒトは血管とともに老いる」(ウィリアム・オスラー 1849-1919)という名言をご存知ですか?
言葉のごとく、人は年齢を重ねるごとに血管は硬くなり老化していきます。
その老化現象は、血管壁が硬くなり弾力性を失い、劣化したり詰まったりすることで現れ、いわゆる動脈硬化と言われています。つまり健康を保つには、血管を柔らかく保つことが重要です。
その血管の硬さを示す指標となるのがPWV(脈波伝播速度)です。

ページトップへ戻る

測定方法

pwv

動脈が硬いほど心臓から押し出された血液により生じた拍動の伝わり方が速くなるという原理を応用し、身体の2ヶ所での脈波伝播速度を測定します。これにより、動脈の硬さがわかります


















ページトップへ戻る
Copyright(C)2006 Moriya Keiyu Hospital All Rights Reserved.