HOME > 部門紹介 > 看護部

看護部のご案内

当院の看護部とは

基本方針

  • 安全と安心、そして清潔で誠実、正確な医療・看護・介護を実践する
  • 地域住民の健康に責任を持ち人と情報の交流の場を積極的に提供する
  • 経験、知識を基に反省と進取の気持ちを大切にする
  • 科学を妄信せず患者を師として医療を実践する
  • この職業を通して自己を研鑽し自己の幸福を追求する

看護部理念

慶友会の基本理念を基盤として、常に看護を探求する姿勢を持ち、質の高い看護を提供します。
看護部職員のやりがいを支援し合い自己実現を目指します。


看護体制

固定チームナーシングによる看護ケア提供。
一つの部署をチーム制にして、メンバーを一定期間固定。
固定されたチーム内の患者を受け持つ。受け持ち患者の看護計画への責任を負い、チーム内の看護師が支援するシステム。
受け持ち患者の入院期間中は、患者の変化を予測し、患者のニーズに即した看護を実施する。
受け持ち看護師が不在時はチームメンバーが看護指示を実施する。
固定チームで患者に責任を持ち、問題を検討するカンファレンスを実施することで、受け持ち看護師としての能力を統合し、役割実践がされていく。


ジェネラリストの育成

ジェネラリストとは、臨床実践において、いかなる領域・対象(急性期・慢性期・回復期・末期・疾患・年齢など)においても、基本となる専門的技能を応用し、役割を発揮できる看護師である。
疾患・年齢・病棟・外来・手術室・などの条件の違いを超えて、入院から退院計画およびケアコーディネートを含んだ包括的看護実践を遂行する能力と、他の看護師の包括的看護実践を支援する能力を育成する。
仕事とライフスタイルの調和を図りながら、長期展望を持って専門職としての能力開発をし、社会的役割を果たしていく看護師を目指す。


キャリア開発と目標管理制度

キャリアとは、生涯を通しての自己実現過程である。
自己実現の方向性として、ジェネラリスト、認定・専門看護師、管理者などの選択がある。
当院では目標管理制度を取り入れ、キャリア開発に力を入れ、資格取得の支援体制をとっている。
昨年からは、糖尿病療養指導士の資格取得に向けプロジェクトを組んでいる。

ページトップへ戻る

看護部門の紹介

外来

外来

診療科:15科

病院の顔である外来看護部は、笑顔とやさしさを絶やさず、地域の皆様の安心と信頼にお応えできるよう、質の高い看護の提供に尽力しています。





手術室

手術室

手術室:4室

手術室は年間800件を超える手術を行なっています。

手術中の患者さんの安全を守り、円滑に手術が行なえるようチームワークのよさを最大限に生かして看護を提供しています。



透析室

透析室

透析:20床

外来透析とシャントトラブルなどの入院透析に対応し患者さんの状態にあわせて腹膜透析も行っています。

経過の長い患者さんが多い中、一人ひとりと向き合い一緒に考えながら看護を提供しています。



HCU

HCU
HCU

一般急性期病床:8床

救急重症患者や手術直後の重篤な患者さんが入院しています。

家族ケアも含めた専門性の高い看護を提供します。












西2階病棟

西2階

一般急性期病床:28床・亜急性期病床:10床

外科・血管外科・整形外科の患者さんを中心に手術前・後の経過を観察しながら看護を提供しています。

平成22年からは亜急性期病床を併設し、急性期の治療が一段落し、リハビリや在宅支援に重点を置いた患者さんが入院しています。


西3階病棟

西3階

一般急性期病床:46床

内科・泌尿器科・透析科・眼科の患者さんを中心に看護を提供しています。

年々高齢の患者さんが増加していますが、病棟内に広々としたフリースペースがあり、食事・リハビリ・レクレ−ションなどを行って家族的な温かさを感じてもらえるような看護に努めています。


障害者病棟

東2階
東3階

東2階:16床・東3階:38床

重度の肢体不自由者、脊椎損傷等の重度障害者、難病、重度意識障害者が7割以上入院しています。
そのため患者さんからの訴えが少なく、医療者の観察・判断力が最も重視されます。
身体的ケアだけでなく、精神面への働きかけによって少しでも意識レベルをアップし、ADL拡大につなげたいと考えています。

家族に対しても面会を活用したコミュニケーションに心がけ人間関係を築き、心理面への配慮に取り組んでいます。





機械浴

機械浴
機械浴

当院の大きな特徴は機械浴のスタッフを専任で置いているため、寝たきり全介助の患者さんでも週2回は入浴が可能です。

患者さんの清潔保持に努めています。













ページトップへ戻る

看護部の教育

看護部教育理念

  • 看護部の理念に基づき、安全で質の高い看護サービスを提供できる。
  • 看護職の育成を目指す個々の職員のニーズと目標を尊重し、自己研鑽できる看護職を育成する。

教育目的

優れた看護実践能力を発揮し、自己研鑽できる看護職を育成する。


教育目標

  • 専門職業人として対象に適した看護実践ができる。
  • 組織及び医療チームの一員としての役割を認識し、責任を果たすことができる。
  • 自己研鑽ができ、教育的役割を果たすことができる。
  • 看護の質の向上を目指した研究的態度を持つことができる優れた看護実践能力を発揮し、自己研鑽できる看護職を育成する。

キャリア開発と目標管理制度

キャリアとは、生涯を通しての自己実現過程である。
自己実現の方向性として、ジェネラリスト、認定・専門看護師、管理者などの選択がある。
当院では目標管理制度を取り入れ、キャリア開発に力を入れ、資格取得の支援体制をとっている。
昨年からは、糖尿病療養指導士の資格取得に向けプロジェクトを組んでいる。


教育体制

研修プログラム

研修プログラム

研修プログラム
ページトップへ戻る

研修の様子

感染の研修 防護具の着け方 看護技術演習 採血
電子カルテを利用した患者認証の演習 看護技術演習 点滴
看護技術演習 移乗 インスリン療法 演習
BLS 挿管介助 演習
新入職者研修 医学講座 年4回開催
院内研究発表会 年2回開催
伝達講習会 年2回開催
ページトップへ戻る
Copyright(C)2006 Moriya Keiyu Hospital All Rights Reserved.