HOME > 部門紹介 > 看護部

看護部のご案内

当院の看護部とは

基本方針

  • 安全と安心、そして清潔で誠実、正確な医療・看護・介護を実践する
  • 地域住民の健康に責任を持ち人と情報の交流の場を積極的に提供する
  • 経験、知識を基に反省と進取の気持ちを大切にする
  • 科学を妄信せず患者を師として医療を実践する
  • この職業を通して自己を研鑽し自己の幸福を追求する

看護部理念

慶友会の基本理念を基盤として、常に看護を探求する姿勢を持ち、質の高い看護を提供します。
看護部職員のやりがいを支援し合い自己実現を目指します。


看護体制

固定チームナーシングによる看護ケア提供。
一つの部署をチーム制にして、メンバーを一定期間固定。
固定されたチーム内の患者を受け持つ。受け持ち患者の看護計画への責任を負い、チーム内の看護師が支援するシステム。
受け持ち患者の入院期間中は、患者の変化を予測し、患者のニーズに即した看護を実施する。
受け持ち看護師が不在時はチームメンバーが看護指示を実施する。
固定チームで患者に責任を持ち、問題を検討するカンファレンスを実施することで、受け持ち看護師としての能力を統合し、役割実践がされていく。


ジェネラリストの育成

ジェネラリストとは、臨床実践において、いかなる領域・対象(急性期・慢性期・回復期・末期・疾患・年齢など)においても、基本となる専門的技能を応用し、役割を発揮できる看護師である。
疾患・年齢・病棟・外来・手術室・などの条件の違いを超えて、入院から退院計画およびケアコーディネートを含んだ包括的看護実践を遂行する能力と、他の看護師の包括的看護実践を支援する能力を育成する。
仕事とライフスタイルの調和を図りながら、長期展望を持って専門職としての能力開発をし、社会的役割を果たしていく看護師を目指す。


キャリア開発と目標管理制度

キャリアとは、生涯を通しての自己実現過程である。
自己実現の方向性として、ジェネラリスト、認定・専門看護師、管理者などの選択がある。
当院では目標管理制度を取り入れ、キャリア開発に力を入れ、資格取得の支援体制をとっている。
昨年からは、糖尿病療養指導士の資格取得に向けプロジェクトを組んでいる。

ページトップへ戻る

看護部門の紹介

外来

外来
外来

診療科:19科

病院の顔である外来看護部は、患者さんが気軽に相談できる地域密着型の外来を目指して笑顔・思いやりのある対応を心がけています。また患者さんの安全・安心を考え患者さんの立場に立った質の高い看護を提供しています。

救急医療の充実を目指し、救急を第一に24時間体制で対応しています。

糖尿病専門外来では、医師や多職種と連携を図り、糖尿病合併症予防として糖尿病透析予防指導・糖尿病教室を行っています。

外来での化学療法も行われ患者さんやご家族が安全に治療が継続できるよう身体的・精神的支援も積極的に行っています。

むせる、飲み込めない、食べ物がのどに残る、痰が増えた体重が減ったなど様々な症状は、摂取嚥下障害が疑われます。医師や多職種と連携を図り嚥下障害に対する検査・治療・患者指導を行っています。


手術室

手術室
手術室

手術室:3室

年間 約1100症例の手術が行われています。

患者さんが安全に手術を受けられることを第一に考え、チームワークを大切に看護を提供しています。

 

 

 





透析室

透析室
透析室

透析:39床

外来透析とシャントトラブルなどの入院透析に対応し患者さんの状態にあわせて腹膜透析も行っています。

経過の長い患者さんが多い中、一人ひとりと向き合い一緒に考えながら看護を提供しています。

 

 


HCU

HCU
HCU

一般急性期病床8床

内科系・外科系を問わず、集中的に治療・看護が必要な患者さんが入室されています。高度な治療を行うための各種モニター機器を要し、わずかな症状の変化を見逃さないように24時間、観察・看護を行っています。

病状が回復され、一般病棟への退室、一日でも早く日常生活が送れるように、という思いで日々の看護に努めています。









西2階病棟

西2階
西2階

一般急性期病棟38床

各診療科の専門的な治療や検査、手術または救急医療を要する患者さんの看護をする病棟として、医師、看護師をはじめ各専門職が協力して患者さん、ご家族をサポートいたします。

常に笑顔を忘れずに、安全、そして安心できる看護の提供、多職種連携をしながら1人1人の患者さんに対応します。

 

 



西3階病棟

西3階
西3階

地域包括ケア病棟は、担当の医師、看護師、リハビリテーションスタッフ、専任の社会福祉士、退院調整看護師が、それぞれの専門知識や役割を持ち、患者さんが、安心、安全に住み慣れた自宅に戻れるよう、在宅復帰リハビリテーション、認知症ケア等に力を入れています。また、少しでも長く自宅での療養生活が送れるよう地域の介護事業所、訪問看護師、医師との連携を図っています。

ご家族が、介護に悩んだり、不安をお持ちの場合、何時でも専任の社会福祉士、退院調整看護師にご相談ください。また、「介護教室」 を年に2回開催しておりますので、一度お立ち寄り下さればと思います。お待ちしております。



障害者病棟

東2階
東3階

東2階・東3階:計58床

障害者病棟とは、病院の基本診療で「障害者施設等入院基本料」を算定している病棟です。対象者は以下の通りです。

  • 重度の肢体不自由 
  • 脊髄損傷等の重度障害者 
  • 重度の意識障害者 
  • 難病患者

医療的には急性期を脱し症状が固定した重度障害の患者さんが入院する病棟です。
患者さんが直接訴えることは少なく、会話による意思疎通ができない患者さんが多いです。そのため、細かな観察を行い微妙な変化からも状態変化を察知し、問題を解決するよう努めています。
また、意思疎通ができる場合でも身体の運動機能が衰え、寝たきりになっている患者さんもいますので、精神的サポートも大切です。それと同時に、長期入院中の患者さんのご家族に対する関わりも大切にしています。

障害者病棟のスタッフは、みんなで和気あいあいと力を合わせて、助け合いながら、全力で患者さんへのケアを提供しています。

 

機械浴

機械浴
機械浴

当院の大きな特徴は機械浴のスタッフを専任で置いているため、寝たきり全介助の患者さんでも週2回は入浴が可能です。

患者さんの清潔保持に努めています。













ページトップへ戻る

看護部の教育

看護部教育理念

  • 看護部の理念に基づき、安全で質の高い看護サービスを提供できる。
  • 看護職の育成を目指す個々の職員のニーズと目標を尊重し、自己研鑽できる看護職を育成する。

教育目的

優れた看護実践能力を発揮し、自己研鑽できる看護職を育成する。


教育目標

  • 専門職業人として対象に適した看護実践ができる。
  • 組織及び医療チームの一員としての役割を認識し、責任を果たすことができる。
  • 自己研鑽ができ、教育的役割を果たすことができる。
  • 看護の質の向上を目指した研究的態度を持つことができる優れた看護実践能力を発揮し、自己研鑽できる看護職を育成する。

キャリア開発と目標管理制度

キャリアとは、生涯を通しての自己実現過程である。
自己実現の方向性として、ジェネラリスト、認定・専門看護師、管理者などの選択がある。
当院では目標管理制度を取り入れ、キャリア開発に力を入れ、資格取得の支援体制をとっている。
昨年からは、糖尿病療養指導士の資格取得に向けプロジェクトを組んでいる。


教育体制

研修プログラム

研修プログラム

研修プログラム
ページトップへ戻る

研修の様子

感染の研修 防護具の着け方 看護技術演習 採血
電子カルテを利用した患者認証の演習 看護技術演習 点滴
看護技術演習 移乗 インスリン療法 演習
BLS 挿管介助 演習
新入職者研修 医学講座 年4回開催
院内研究発表会 年2回開催
伝達講習会 年2回開催
ページトップへ戻る
Copyright(C)2006 Moriya Keiyu Hospital All Rights Reserved.