Image 00
Image 01
Image 02
Image 03
守谷慶友病院
脳神経外科

脳神経外科適応疾患には脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、脳腫瘍、頭部外傷、機能脳神経外科疾患(顔面けいれん・顔面痛等),その他認知症の原因となり得る水頭症 等があります。とりわけ、脳卒中は悪性新生物、心疾患、呼吸器疾患に次いで死因の第4位(年間13万人死亡)となっており、寝たきりの3割を占めます。更に2020年に287万人を超すことが予想され、高齢化社会を迎え認知症の急速な増加(2015年350万人)と共に大きな医療社会問題となっています。
この様な疾病を取り巻く社会情勢の背景に守谷慶友病院脳神経外科は平成26年6月に産声を上げました。

Salutation・Vision

頭痛、めまいに悩まされる患者様から、重篤な脳卒中、脳腫瘍等の手術まで、守谷慶友病院脳神経外科スタッフは“ 分け隔て無く、親切、丁寧且つ的確な診療 ”をモットーに日々頑張っています。

そして、茨城県南部の地域医療に大きく貢献出来る病院を目指します。

Image 01
Read more

an Aneurysm

Image 05
5%の確率
脳動脈瘤は一般成人の約5%が有すると言われています
Image 03
未破裂脳動脈瘤とは
これが何らかの検査で、破れる前に見つかったものです
Image 04
発見率の向上
脳ドックや画像診断の普及により、発見率が飛躍的に上がっています
Image 06
治療方法
CTやMRIでの動脈瘤の形状で一番適している治療法をお示しします

 

 

Read more

Featured Pages

Image 01
脳ドックを受けてみませんか?
Image 02
まずは脳神経外科外来へお越しください
Read more