一般撮影装置

一般撮影とは、レントゲン撮影とも呼ばれている検査で撮影装置からX線を照射し、目的部位を透過したX線をフィルムやイメージングプレートで検出し画像化する検査です。健康診断で行われている胸部撮影が代表的なものですが頭部、頚椎、腰椎をはじめとする全身の骨、関節の撮影を行っています。

病変や骨折などを診断しやすくするため、必要に応じていろいろな方向から撮影します。

画像データは、CTやMRIなどと同じように病院内のPACSサーバーにデジタル画像で保存されているため、どこにいても素早く観察することが可能です。

更新日:

Copyright© 医療法人慶友会 守谷慶友病院 , 2019 All Rights Reserved.