平成29年度 守谷慶友病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - - 37 81 116 359 447 376 108
平成29年度に一般病棟に1回以上入院し、退院した患者は1,539名。最も多い年齢層は70~79歳で447名でした。
60歳以上の患者さんの割合は83.8%となっており、ご高齢の方が入院になるケースが多い傾向にあります。
※当該患者数が10未満の場合は、患者数を非公表としています。(「-」標記)
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 処置2なし 44 8.52 10.15 0.00 56.36
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 処置2なし 38 6.55 6.37 0.00 52.87
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 重症度:A-DROP スコア1 34 22.38 13.51 2.94 84.62
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 なし 副傷病:なし 22 20.59 12.34 4.55 84.14
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2:なし 17 12.29 11.45 0.00 62.94
当院の内科では消化器疾患、循環器疾患、呼吸器疾患、内分泌疾患、更に乳腺・甲状腺を中心に幅広く診療しています。
診断群分類では乳房の悪性腫瘍が一位となっており、他院と連携を取りながら診療・手術を行っております。
内科で多く治療している大腸ポリープは、短期滞在手術等基本料3として算定され、DPC対象外となるため、
今回の上位5疾患から除外されています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 なし 手術・処置等2:6あり 副傷病:なし 46 3.00 4.47 0.00 70.63
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 16 6.44 7.40 0.00 60.13
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2:なし 14 8.93 11.44 0.00 77.07
060335xx99x00x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 11 7.64 10.91 9.09 76.00
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし - - 8.98 - -
当院の外科の対象となる疾患は消化管(食道・胃・小腸・大腸・肛門)、肝臓、胆道(胆嚢・胆管)、膵臓で、幅広く対応しています。
消化器がんや胆道疾患の手術は、開腹手術はもちろん、傷口が小さく済む鏡視下手術にも積極的に取り組んでおります。
また、がん再発転移症例のうち、切除不能例には化学療法の導入、胃潰瘍や急性胃炎、虚血性大腸炎などの内科領域の病気に対しても治療を行っております。
外科疾患として多く治療している大腸ポリープ切除や鼠径ヘルニア手術においては、短期滞在手術等基本料3として算定され、DPC対象外となるため、今回の上位5疾患から除外されています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 24 40.58 27.09 8.33 84.75
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 16 35.38 25.09 0.00 77.31
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 11 4.55 11.41 0.00 59.82
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 - - 23.14 - -
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2:なし - - 17.28 - -
当院の整形外科では股関節・大腿近位の骨折が最も多く、次いで膝関節症、肘・膝の外傷の順となっており、
他院と協力体制をとって診療を行っています。
肘、膝の外傷では当院では半月板損傷が大半で、在院日数が4日程度ということで全国平均と比べて短くなっております。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx01x1xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2:1あり 17 12.35 22.85 0.00 71.94
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1:なし、1あり 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 12 22.83 16.50 0.00 69.08
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2:なし 11 6.00 12.41 0.00 70.36
050200xx97xxxx 循環器疾患(その他) あり - - 10.07 - -
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 あり 手術・処置等2:なし - - 15.25 - -
血管外科では動脈閉塞・動脈瘤・静脈瘤・静脈血栓・血管腫・リンパ浮腫・透析用内シャント不全等、あらゆる血管病変に対応しており、
遠方からの患者さんも多くみられます。
今回の上位5疾患では透析用内シャント設置が一位となっていますが、当院は下肢静脈瘤のレーザー治療を多く行っており、
これは地域包括病棟へ入院する場合が多い為、今回の上位5疾患からは除外されています。
さらに下肢静脈瘤 の抜去切除術は、短期滞在手術等基本料3として算定され、DPC対象外となるため、今回の上位5疾患から除外されています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - 64 - 14 1 7
乳癌 34 27 - - - 10 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者数を初発のUICC病期分類、および再発に分けて集計しています。
UICC病期分類とは、国際対がん連合によって定められている癌ステージ分類で
①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無
以上の3つのカテゴリをもとに、各癌をⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類しています。
当院では、他施設での癌治療後に再発し、当院で治療を開始するケースも多いため、再発の件数も多い傾向にあります。

「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、もしくは初回治療を実施した場合を指しており、
「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者さんを診療した場合や、
がん寛解後に局所再発・再燃または遠隔転移をきたした場合を指します。

5大癌以外に、当院では各専門診療科において、前立腺癌・膀胱癌・腎癌・肺癌等の治療も行っております。
今回入院の治療前に得られた情報に基づくTNM分類となっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 7.00 61.60
中等症 77 31.36 82.91
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
定義
成人市中肺炎とは普段の生活の中で発症した肺炎で15歳以上の患者さんを指します。
入院契機となった病名および最も医療資源を投入した傷病名に対するICD10コードがJ13~J18$で始まるものに限定します。
 ※インフルエンザ等のウイルス性肺炎(DPCコード040070)誤嚥性肺炎(DPCコード040081)は対象外です。

重症度は、日本呼吸器学会による「市中肺炎ガイドライン」の重症度システム(A-DROP)に基づき分類しています。
1.男性≧70歳、女性≧75歳   2.BUN≧21または脱水 
3.酸素飽和度≦90%       4.意識障害(肺炎に由来する) 5.sBP≦90mmHG  

軽症  :上記5ついずれも満たされない。  
中等度:上記1つまたは2つを有する。  
重症:上記3つを有する。  
超重症:上記4つまたは5つ。またはショック  
不明:1~5の項目のうち1つでも不明であったもの

当院では、中等症の患者さんが77人で一番多い傾向にあります。
年齢が高齢になるほど重症になっており、また在院日数も長期化しております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 24.0 22.75 78.21 8.33
その他 - - - -
定義
入院中に医療資源を最も投入した傷病名のICD10コードがI63$である症例を集計しています。
当院ではほとんどが脳梗塞発症から3日以内の入院となっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 116 0.04 1.12 0.00 68.16
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 43 1.00 6.65 0.00 55.88
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 38 1.39 4.16 0.00 52.87
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 17 1.59 9.76 0.00 63.47
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
当該患者数が10未満の場合は、患者数を非公開としています、(「-」標記)
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 38 1.13 2.08 0.00 68.05
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 34 0.00 1.50 0.00 64.09
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 20 2.10 4.45 0.00 59.65
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 13 2.00 6.31 0.00 76.77
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 - - - - -
当該患者数が10未満の場合は、患者数を非公開としています、(「-」標記)
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 23 1.87 33.65 0.00 75.04
K0461 骨折観血的手術(大腿) 12 5.33 36.58 0.00 85.50
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 11 4.64 31.00 18.18 84.09
K068-2 関節鏡下半月板切除術 - - - - -
K1342 椎間板摘出術 後方摘出術 - - - - -
当該患者数が10未満の場合は、患者数を非公開としています、(「-」標記)
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 24 1.58 6.29 0.00 68.21
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 21 0.00 3.48 0.00 63.90
K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 16 3.19 7.94 0.00 70.69
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 11 4.27 5.73 0.00 75.91
K6145 血管移植術、バイパス移植術 下腿、足部動脈 - - - - -
当該患者数が10未満の場合は、患者数を非公開としています、(「-」標記)
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 13 0.92 2.92 0.00 62.85
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 10 2.10 6.70 0.00 73.20
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 - - - - -
K7981 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術 - - - - -
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -
当該患者数が10未満の場合は、患者数を非公開としています、(「-」標記)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 11 0.71
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 46 2.99
異なる - -
手術や処置などは、合併症を起こさないように細心の注意を払って試行します。
しかし、合併症はどうしても一定の確率で起こり得ます。起こり得る合併症については、
事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくように努めています。

手術・処置の合併症の症例が多い理由は、当院では人工透析を行っており、当院の患者さんだけではなく、
他施設から依頼された透析シャント閉塞や、機能不全の患者さんの治療を行っている為です。
更新履歴
2018/09/28
初版作成