整形外科

整形外科診療について

整形外科では姿勢を保持したり手足や体を動かすために必要な組織の病気やケガの診療を行っています。その対象となる組織(運動器)は主に、背骨を含むクビから足にかけての骨、関節、靭帯、筋肉、腱ですが、当院では外傷に伴うの手足の血管や神経の障害にも対応しています。

当院の整形外科診療体制は他の病院と少し異なっており、当院では基本的に入院患者さんのみの対応となっています。
変形性膝関節症で人工関節手術が必要な方、腰部脊柱管狭窄症などで脊椎手術が必要な方、骨折で手術が必要な方など主に手術治療が必要な方の入院診療を行っています。

通院診療は当院に隣接するかねこ整形外科クリニックで担当させていただいております。
隣接しているとはいえ入院診療と通院診療では施設が異なるためご不便をおかけし申し訳ありません。
ただ長所もあります。一般的な病院の整形外科ですと手術治療が主体になってしまうため通院診療の対象患者様も将来的に手術が必要になりそうな方や手術後の経過観察の方が主な診療対象になってしまい、通院のみで十分治療可能な疾患の対応がやや不十分になってしまう傾向があります。
また通院専門整形外科クリックでは骨折などであまり動けなくなっていまった患者さんの対応が困難になる傾向があります。

かねこ整形外科クリニックは通院治療を徹底的に行う一方、重症な患者さんは当院紹介入院とスムースな連携を実践しており、当院整形外科ともに軽症から重症の方まで幅広い対応が可能です。

守谷慶友病院 整形外科 栗田和宏

投稿日:

Copyright© 医療法人慶友会 守谷慶友病院 , 2019 All Rights Reserved.